小説【dele2】あらすじ,登場人物,2人の過去が明らかに!

今回は本田孝之作の2018年7月から山田孝之と菅田将暉のW主演で

ドラマ化される『dele』の小説版2作目【dele2】を紹介します。

山田菅田さん(@yamadasuda)がシェアした投稿

一作目【dele】の記事もあるので

先にそっちを読んでみてください。

著者 本多孝好

一作目の記事では触れなかった著者についても紹介しますね。

1994年『眠りの海』で小説推理賞新人賞受賞。

『MISSING』で単行本デビュー。

このミステリーがすごい!2000年版でトップ10に入り脚光を浴び、

約10社から執筆依頼が舞い込む。

他にも『ALONE TOGETHER』『FINE DAYS』『真夜中の五分前』

『チェーン・ポイズン』『MOMENT』『WILL』『MEMORY』

『魔術師の視線』『君の隣に』などの作品があります。

主な登場人物

一作目の記事でも紹介しましたが改めて紹介します。

坂上圭司(さかがみ けいじ) 

死んだ依頼人のデジタルデータを削除する会社[dele.life]の所長。

足が不自由で車いす生活だが運動神経がいい。

‶モグラ”と呼ぶ銀色のノートパソコンで依頼人のデジタルデータを削除する。

昔に父を亡くしていて、

姉の舞には父の遺したデジタルデータを削除したのではないかと疑われている。

真柴祐太郎(ましば ゆうたろう)

3か月ほど前に圭司に雇われた。

車いすの圭司の代わりに依頼人の死亡確認が主な仕事。

以前は「フリーランスのガキの使い」と称してグレーな仕事をしていた。

昔に妹を亡くしていて、それを機に両親は離婚した。

坂上舞(さかがみ まい)

圭司の姉で「坂上法律事務所」の所長。

圭司によると変態らしい…(笑)

弟の圭司の会社「dele.life」の信用保証や資金援助をしたり、

たまに依頼人を連れてきたりもする。

死んだ父のデジタルデータを圭司が削除したのではないかと疑っている。

藤倉遥奈(ふじくら はるな)

死んだ祐太郎の妹の同級生。

祐太郎が飼っている猫‶タマさん”の世話のため祐太郎の家の鍵を預かっている。

夕食目当てに祐太郎の家に訪ねてくることが多い。

あらすじ

3つの話が入っていますが、とくに最終話の

チェイシング・シャドウズには注意して読んでほしいです。

アンチェインド・メロディ

「dele.life」と契約すると、依頼人は削除したいデータが入っている

デジタルデバイス(スマホ,パソコン)に圭司が作ったアプリをインストールする。

依頼人が設定した時間以上、パソコンやスマホが操作されなかったとき

サーバーが反応し、圭司の銀色のパソコン”モグラ”が目を覚ます。

その後依頼人の死亡確認をして確認が取れたら、

圭司は依頼人のデジタルデバイスから指定されたデータを削除する。

今回の依頼人は横田英明氏35歳

死亡確認をとると依頼人は死んでいることが確認できたが

充電が切れているせいかパソコンにアクセスできなかったため、

祐太郎は依頼人の家にパソコンを取りに行く。

依頼人の家に侵入中警察が訪ねてきて祐太郎は窓から逃げる。

削除依頼のあったデータは依頼人が作曲したと思われる楽曲で、

依頼人の弟の宗介がボーカルの人気ロックバンドの曲だったのだが

バンドの公式HPには曲は弟の宗介が作曲しているものとされていて…。

ファントム・ガールズ

突然事務所に眼鏡をかけた中学生ドウモト ナナミが訪ねてきた。

どうやら2時間ほど前に圭司のパソコンに、

マルフェア(有害に動作させるためのプログラム)を仕込んだメールが

送られてきていて、その送り主がナナミのようだ。

その時モグラが起動した。

依頼人はナナミの隣人であるハタノアイリ24歳。

ナナミは依頼人は死んだと証言するが

削除依頼のスマホは電源が切れていてデータの削除ができない。

ナナミが依頼人のスマホをもっているみたいだが

渡す気がないみたいなので、

祐太郎はナナミの尾行を開始する。

チェイシング・シャドウズ

依頼人は室田和久62歳

大越美容クリニックの理事で以前は相和医科大学で教授をしていた。

削除するデーターの入ったパソコンが繋がらないため、

祐太郎はパソコンのありかを探すため

依頼人の自宅を訪ね息子の一郎から依頼人についての情報を聞き出す。

依頼人は相和医大病院に所属していて専門は循環器内科で

祐太郎の苗字である”真柴”姓の人物からの電話におびえていた。

祐太郎は死んだ妹と依頼人が関係している思い

圭司に過去の妹の事件について話す。

見どころ

とくに最終話の「チェイシング・シャドウズ」が見どころです。

今までの伏線がすべて回収されています。

祐太郎の妹のこと、圭司が消したとされる亡き父のデータ、

祐太郎の前に「dele.life」に勤めていた人のことなど

全部明らかになります。

めっちゃ感動的な展開ですよ!

感想

めっちゃ感動しました!!

圭司と祐太郎 2人の関係に胸が熱くなります。

ドラマは違うストーリーで進むみたいですが、

「これ最終回にうってつけやん!」っていう終わり方だったので

ドラマではどういうストーリーなのかも楽しみです。ワクワク

最後に…

最後まで読んでいただきありがとうございました。

興味のある方はこちらから買ってみてください。

dele2 (角川文庫)

本多 孝好 KADOKAWA 2018-06-15
売り上げランキング : 4470

by ヨメレバ

小説【dele】の記事のほかにも

ドラマ版の【dele】の記事もありますので、ぜひ読んでみてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はぼたん より:

    テスト