【スキャンダル弁護士 QUEEN】第1話あらすじ・キャスト バカリズム監修の癖が強いキャラ

竹内結子主演ドラマ【スキャンダル弁護士 QUEEN】第1話が1月10日に放送されます。

情報を自分の有利な方向へ仕向ける凄腕のスピン・ドクターたちが、ピンチの女性を救っていくというストーリーです。

今回は第1話のあらすじ・キャストをまとめてみました。

⇒管理人”はぼたん”のTwitter

第1話キャスト ゲストも

レギュラーキャスト

氷見 江 竹内結子〈主演〉

弁護士ながら専門は危機管理で、その主戦場は法廷ではなくスキャンダルの裏側。

必要ならば嘘すら正義に変える凄腕のスピン・ドクター。

「危機にある女性の最後の砦」という信念があり、女性を救うためであれば手段を選ばず、どれほどの逆境であろうと覆すことを絶対に諦めません。

今回6年ぶりの地上波連続ドラマ主演を務める。

2018年に入りwowowドラマ『イノセント・デイズ』でヒロイン

Web配信ドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』で主演を演じる。

与田知恵 水川あさみ

氷見(竹内結子)にとって右腕的な存在の弁護士。

冷静沈着かつ完膚なきまでに論理的で竹を割ったような性格ながら、一度怒りに火がつくと氷見でも止められない顔を持ち合わせる。

たまに言葉の節々で恋愛至上主義者であることを匂わせます。

本作が初の弁護士役。

2018年に入りwowow『ダブル・ファンタジー』で主演。

Webドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』に出演し、竹内結子と共演。

藤枝修二 中川大志

同じく危機管理を専門にする駆け出しの弁護士。

端麗な容姿とアメリカでも最難関のロースクール出身という華やかな経歴を持つ一方、どこか抜けており、鈍くさいミスをすることもしばしば。

しかし、困っている人を助けたいという思いは人一倍強く、氷見の仕事に圧倒されながらも懸命についていこうとします。

2018年に入りドラマ『賭ケグルイ』『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』などに出演。

映画『虹色デイズ』『覚悟はいいかそこの女子。』では主演を演じた。

鈴木太郎 バカリズム

氷見たちが勤める大手法律事務所の副所長。

父親が所長であり、生粋のお坊ちゃま。

舞い込んでくる仕事は氷見たちに丸投げ、クレームもどこ吹く風。

本作ではキャラクターの監修も務める。

脚本を担当したドラマ『かもしれない女優たち』(15年)以来、演出を務めた関監督と再タッグを組む。

さらに『かもしれない女優たち』に出演していた竹内結子・水川あさみ・斎藤由貴と共演。

真野聖子 斉藤由貴

高度なハッキング技術を持ち、氷見から要望があればフェイクニュースを作り上げ、世間を混乱させることなどお手の物という謎多き事務員。

さらに徐々に明かされる波瀾万丈な真野の過去は、スキャンダル慣れをした氷見たちも驚かすことに。

全国放送のフジテレビ制作連続ドラマレギュラーへの出演は主演作『LUCKY・天使、都へ行く』以来30年ぶり。

2018年に入りドラマ『黒井戸殺し』『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』

Webドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』などに出演。

東堂裕子 泉里香

在京テレビ局のミナトテレビに勤める敏腕女性記者。

大物政治家の二世議員からセクハラ被害を受け、被害を公表しない代わりに父親の大物議員からネタ(情報)を手に入れたいと氷見に依頼。

逆に氷見が抱えている案件に関して東堂がつかんでいる情報をコッソリ教えてもらえないかと頼まれる間柄になる物語のキーマン的存在。

2018年に入りドラマ『海月姫』『文学処女』『SUITS』などに出演。

第1話ゲストはアイドル4人に扮するこの4人

伊原六花 中村ゆりか 馬場ふみか 秋山ゆずき の4人が劇中で国民的アイドルグループ〈フォレスト〉のメンバーを演じます。

白石杏里〈リーダー〉 馬場ふみか

ファッションモデル、グラビアモデル、女優でありモグラ女子の代表的存在

2017年の『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON』でフライとナース雪村役に大抜擢。

2018年にドラマ『深夜のダメ恋図鑑』で主演。

2019年には映画『善悪の屑』でヒロインを務める。

赤江桃子〈センター〉 中村ゆりか

父親が日本人、母親が台湾人のハーフ。

2017年に主演作『花にけだもの』で話題沸騰。

2018年に映画『ラーメン食いてぇ!』で主演を務め、ドラマ『賭ケグルイ』『不惑のスクラム』などに出演。

2019年YouTubeドラマ『タスクとリンコ』での主演が決定。

蒼井ゆず季 秋山ゆずき

ジュニアアイドルとしてのグラビア活動に始まり、モデル、舞台役者、グループアイドルと多様な遍歴を持つ。

2018年映画『カメラを止めるな!』でヒロイン役を演じ、その名を日本中にとどろかせた。

緑川林檎 伊原六花

登美丘高校ダンス部で見せたバブリーダンスで一世を風靡。

2018年に『チア☆ダン』でTVドラマデビュー。

2019年は『明治東亰恋伽』で初の連続ドラマ主演かつ映画主演が決定。

第1話あらすじ

第1話で主人公の氷見江(竹内結子)を訪ねてきたのは、ミナトテレビに務める男性で、国民的な人気を集めている4人組アイドルグループ<フォレスト>の冠番組「フォレスタジアム」のプロデューサー。前回、生放送で<フォレスト>が歌を披露している際に、センターを務める赤江桃子が歌詞を間違えるトラブルが発生。のみならず、そんな桃子のそばにリーダーの白石杏里が近寄り、肩をぶつけて「ふざけんなよ」と言い放ち、桃子が過呼吸になってしまうという事態に発展。

その模様が全国に流れたことで、多数のメディアが<フォレスト>の不仲説や解散疑惑を報道することとなり、ファンや視聴者からは番組に大量のクレームが寄せられ、その中にはなんと杏里への殺害予告も。事を重く受け止めたミナトテレビは、番組内で<フォレスト>の謝罪会見を放送することに。謝罪会見は収録でおこなわれることとなり、プロデューサーは、万が一に備えて危機管理の専門家である氷見に協力をして欲しいとのこと。そして収録当日、氷見たち危機管理部のメンバーはミナトテレビに向かい、まずは<フォレスト>のメンバーと面接をおこないます。しかし、まったく彼女たちは一筋縄ではいかず、さらに予想外の出来事が次々と起こり・・・。

引用:スキャンダル弁護士 QUEEN – フジテレビ

竹内結子さんら危機管理部のメンバーはバカリズムさんがキャラの監修もしてるみたいなんで、癖が強いキャラばっかりみたいです。

第1話からトラブルが多発してハラハラとした展開のなかに、癖のあるキャラのクスリと笑えるやり取りもあるみたいで、ワクワクしてます。

第1話は1月10日10時~なのでそれまで楽しみに待ちましょう。ちなみに15分拡大です。

最後にまとめると

竹内結子主演【スキャンダル弁護士 QUEEN】第1話は1月10日10時~。

危機管理部のメンバー氷見(竹内結子)与田(水川あさみ)藤枝(中川大志)鈴木(バカリズム)真野(斎藤由貴)がピンチの女性を救っていくストーリー。

第1話ゲストは馬場ふみか・中村ゆりか・秋山ゆずき・伊原六花の4人。

ゲストの4人が演じるアイドルグループ内でトラブルが起こり、危機管理の専門家である氷見が協力するが、次々と予想外の出来事が起きていくという展開です。

見逃した場合の記事はまた投稿します。

★ブログのフォローとTwitterフォローよろしくお願いします。

⇒【スキャンダル弁護士 QUEEN】記事一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする