【スキャンダル弁護士 QUEEN】主題歌はYUKIが担当!オープニングテーマ・劇伴 リリース情報も


竹内結子さん主演の新ドラマ【スキャンダル弁護士 QUEEN】の
主題歌・オープニングテーマ・劇伴が判明しました。

”スピン・ドクター”が初めて題材にされているドラマということで注目されていますが、音楽もドラマに合うものになっているのでしょうか。

今回は主題歌・オープニングテーマ・劇伴とリリース情報をまとめてみました。

主題歌はYUKIが担当

主題歌を担当するのは女性歌手のYUKIさん。

JUDY AND MARYの元ボーカリストとして、J-POPにおいて女性ボーカルによるバンド表現の進化発展に大きく貢献。

2002年にソロ活動を開始し、唯一無二のライブパフォーマンスで圧倒的な存在感を放ち続けている方です。

ちなみにYUKIさんが連続ドラマの主題歌を務めるのは、『スターマン・この星の恋』(2013年)以来約6年ぶりとのこと。

曲名とリリース情報もまだ分かってないので、わかり次第追記します。

オープニングテーマはmiletが担当

オープニング・テーマは「inside you」

新人シンガーソングライターのmilet(ミレイ)さんが担当。

miletさんはハスキーかつ重厚感のある独特の唄声の女性シンガーソングライターです。

しかも2018年から本格的に音楽活動をスタートしたというスゴイ新人です。

そして楽曲が連続ドラマで起用されるのは今回が初めてということで注目です!

オープニングテーマ「inside you」が収録されているmiletさんの
デビューEP「 inside you EP 」は2019年3月6日にon sale。

初回生産限定盤(CD+DVD):¥1,500+税
通常盤:¥1,250+税

劇伴はSOIL&”PIMP”SESSIONSが担当

劇伴音楽に参加するのは5人組インスト・ジャズバンドのSOIL&”PIMP”SESSIONSです。

社長       アジテーター担当
タブゾンビ    トランペット担当
丈青       ピアノ、キーボード担当
秋田ゴールドマン ウッドベース担当
みどりん     ドラム担当

今回ドラマの演出を務める関和亮さんが手掛けた、ブシュロンのオリジナルショートフィルムでも音楽担当を務め、今回再び指名を受け劇伴を手がけることになったそうです。

女性を主人公にした現代劇というのを意識して制作したサウンドを計6曲も書き下ろされたそうです。

ドラマのあらすじは?

ドラマは竹内結子さん演じる凄腕のスピン・ドクター氷見江(ひみ・こう)がスキャンダルで崖っぷちに立たされている女性を救っていくというもの。

”スピン・ドクター”を日本で初めて題材にしたドラマということで注目されています。

詳しくは⇩の記事から

最後にまとめると

2019年1月から竹内結子さん主演の新ドラマ【スキャンダル弁護士 QUEEN】がスタート

主題歌を担当するのはJUDY AND MARYの元ボーカリストで女性歌手のYUKIさんで、曲名とリリース情報はまだわかっていない。

オープニングテーマを担当するのは新人シンガーソングライターのmilet(ミレイ)さん。

オープニングテーマ「inside you」が収録されているmiletさんの
デビューEP「 inside you EP 」は2019年3月6日にon sale。

劇伴音楽に参加するのは5人組インスト・ジャズバンドのSOIL&”PIMP”SESSIONSです。

女性を主人公にした現代劇というのを意識して制作したサウンドを計6曲も書き下ろされたそうです。

かなり凝った印象があるドラマなので、1回だけじゃなく2回3回と見てみたいですね。

見逃し配信の方法がわかったらまた記事にしたいと思います。

ブログのフォローとTwitterフォローよろしくお願いします。

⇒【スキャンダル弁護士 QUEEN】記事一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする