【ブラックスキャンダル】最終回ネタバレ・感想 最後の復讐。そして亜梨沙が妊娠


山口紗弥加主演ドラマ【ブラックスキャンダル】最終回が12月6日(木)に放送されました。

真の黒幕純矢に最後の復讐。最後には亜梨沙が妊娠!?という展開です。

今回はそんな最終回のネタバレと感想をまとめてみました。

最終回ネタバレ

自殺した勅使河原友和のお葬式。

亜梨沙(山口紗弥加)は友和(片岡鶴太郎)を思い出し、そして真の黒幕だと知ったかつての婚約者純矢(安藤政信)をにらむ。

一方、水谷(若葉快人)も姉の死の真相を確かめるため友和を訪ねた時を思い出していた。

友和:「私は息子を見捨てることはできなかった。愛する家族を守るためだったんだ。」

友和は涙を浮かべ「許してくれ」と土下座。

水谷:「僕はこの手であなたの息子に復讐します。」

水谷:「愛する人を失った世界で生きる痛み。それがあなたへの復讐です。」

純矢が話した真相!サイコパスな一面が

葬儀の参列者が帰った後、亜梨沙は純矢に事の真相を確かめる。

純矢は紗羅(松本まりか)と婚約しながら水谷の姉・明日那(中村静香)と付き合っていて、紗羅と結婚するため殺害したと認める。

さらに紗羅の不倫スキャンダルをねつ造したのは、週刊星流の巻田(片桐仁)に殺害と同等の価値があるネタなら記事を差し替えてもいいと言われたから。

亜梨沙:「あの会見で私が、どんな目に合ったか知ってる?どうして私なの?」と涙があふれる。

純矢:「君の愛を信じてたんだよ。俺が不幸になるより自分が不幸になる方がマシだって君ならそう考えると信じていた。

純矢:「そして必ず俺のところに帰ってくるって信じていた。」

パニックになりながら亜梨沙は唯菜のことをどう思っているのか聞く。

純矢:「君の俺への愛の方が上回った。君は唯菜に勝ったんだ。おめでとう!」と狂気の顔。

純矢:「亜梨沙、君に決めた。」と亜梨沙を抱きしめる。

純矢は加恋に目をつける。

翌日、純矢は社員に新事務所を立ち上げると発表。

純矢は看板女優として加恋(小川紗良)に目をつけ、来年公開の映画の主演の台本と赤いヒールをプレゼントする。

亜梨沙は自分も過去にプレゼントされ、殺された明日那も履いていた赤のヒールを、加恋が履いているのを見つけハッとする。

そして加恋に今すぐ純矢のそばから離れてと忠告するが、復讐のために自分を利用した亜梨沙の意見は信じれないと加恋は聞く耳を持たない。

亜梨沙は復讐のためにマネージャーになったが、いつの間にか加恋に昔の自分を重ね、藤崎紗羅として叶えられなかった夢を加恋に託していたと明かす。

亜梨沙:「あなたは私にとって希望でした。」涙を浮かべながら微笑んで去る。

その夜、花園は迷っている亜梨沙に、動画を公開するべきだと告げる。

亜梨沙:「わかっています。自分で決着をつけます。」

家に戻った亜梨沙は純矢が明日那を殺した証拠の動画を再生。

一夜を共にした時、そしてサイコパスな純矢も思い出し頭を抱える。

亜梨沙の”最後の復讐”

新芸能事務所「Schaffen」の記者会見が行われ、純矢はステージに立つ。

亜梨沙は純矢の後ろのスクリーンに明日那が落ちた現場から純矢が立ち去る動画を公開し、そして純矢が明日那を突き落としたシーンの一歩手前で動画を止める。

亜梨沙は純矢がいるステージへ向かう。

亜梨沙:「謝罪しなさいよ!謝罪しなさいよ!

純矢はステージに膝をつき、唯菜と婚約していながら亜梨沙を愛してしまったと謝罪。

純矢:「ねぇ亜梨沙、一緒に謝ってくれないか?」と笑みを浮かべる。

亜梨沙:「あなたどれだけ人の心をもてあそべば気が済むの!」

純矢:「俺は本心を言ってるだけだよ。何度も言うよ。君を愛してる。唯菜より紗羅より矢神亜梨沙を。

純矢:「これは真実の愛だよ。だから一緒に謝ってくれって言ってんだよ。

そこへ「いい加減にしろ―!」と水谷がステージへ。

死んだ姉は何だったんだよ!と声を荒げるが、愛には犠牲が必要だと純矢は話す。

水谷はナイフを取り出し、純矢に襲い掛かる。

だが、亜梨沙が純矢をかばい、代わりに刺される。

そして亜梨沙は純矢を抱きしめる。

亜梨沙:「やっぱり人間、一生に一人なのね。好きになるのは。浮気や心移りはいっぱいあるけど、仕方ないそれが人間だから。」

亜梨沙:「でも好きになるのは一生に一人。あなた以外あなたじゃないの。」と震える声で話し、純矢の頬に両手で触れる。

亜梨沙:「純矢キスして。

純矢:「愛してるよ、亜梨沙。

2人は舌を絡めあい、キスする。

が、その時亜梨沙は純矢の舌を噛みちぎり、純矢は口から血が吹き出し悶える。

騒然とする中、亜梨沙は悶えている純矢のもとへ這っていく。

亜梨沙は気を失った純矢を仰向けにし抱きしめる。

亜梨沙:「あたしたち、一滴残らず地球上から干されて消えよ。」とほほ笑む。

―3か月後―

新事務所「Schaffen」の社長は純矢に代わり花園がなっていた。

かつては怖がっていたマネージャーたちも、花園についていく。

ミルキーロードは追加LALAスタ公演が決定!

稲沢も花園に厳しく演技指導されていた。

そして加恋のマネージャーは信頼関係が回復した亜梨沙に。

水谷は独房の窓から空を見上げる。

純矢は口に包帯を巻かれ、病室のベッドで眠っていた。

そこへ赤いヒールを履いた唯菜が入ってくる。

唯菜は純矢の顔をそっと撫でてほほ笑み、純矢のベッドを押してどこかへ。

マネージャーとして命を懸けてタレントを支えていくと決めた亜梨沙のお腹には新しい命が宿っていた。

最終回感想  感想ツイートも

舌を噛み切られたら、残りの舌が丸まって気道を塞ぎ窒息死するみたいですが、純矢は生きていたみたいです。

完全に亜梨沙と共に死んだと思ったんですが、両方とも生きてましたね。

亜梨沙が純矢に復讐するかどうか悩んでいたのは子供のためだったのかな。

そして最後の唯菜は生きていたんですかね。

それとも黄泉の国?から純矢を迎えに来たとか(笑)

純矢はこれから唯菜に束縛されて生きていくことになりそう。

亜梨沙も唯菜も最後には欲しいものを手に入れたって感じかな。

最後すっきり終わらなかったのは、主題歌の「ドグマン」にそういう歌詞があるからかも。

一回聞いてみてください。めっちゃドラマとリンクしてます。

結局このドラマで分かったのはサイコパスなイケメンはヤバイということですねw

というわけで最終回の感想ツイートを少しまとめてみました。

最後に…

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最終回をまとめると

純矢は水谷明日那の殺害を認め、亜梨沙に君のためだったと話す。

純矢は新事務所を立ち上げ、看板女優として加恋に目をつけ、過去に紗羅、明日那、唯菜と渡した赤のヒールをプレゼント。

亜梨沙は新事務所の記者会見でスクリーンに純矢が明日那を殺したときの動画を公開。

謝罪しろ!と亜梨沙は言うが、水谷が現れナイフを持って純矢に襲い掛かる。

亜梨沙は純矢をかばって刺され、そして涙を浮かべながら純矢とキス。

亜梨沙は純矢の舌を噛みちぎり、気を失った純矢を抱きしめる。

3か月後、事務所の社長は花園になり、病室で眠っている純矢のもとに唯菜がやってきて純矢をどこかに連れて行く。

亜梨沙のお腹には新しい命が宿っていた。

ということでした。

他にもブラックスキャンダルの記事はあるので読んでみてください。

⇒ブラックスキャンダル記事一覧

更新情報をアップしているTwitterのフォローもよろしくお願いします。

⇒管理人”はぼたん”のTwitterはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする