【サイレント・ヴォイス】第7話あらすじ・キャスト 木谷徹(眞島秀和)が7年間少女を監禁!

栗山千明主演ドラマ【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】         第7話「イヤよイヤよも隙のうち」が11月24日(土)夜9時からBSテレ東(7ch)で放送。

少女を自宅に監禁していた木谷徹(眞島秀和)を楯岡絵麻(栗山千明)が取り調べ!

今回は第7話の登場人物(キャスト)・あらすじをまとめてみました。

第7話登場人物(キャスト) ゲストは誰? 役柄まとめ

レギュラーキャストはこの5人!

楯岡絵麻たておか・えま 栗山千明

警視庁 捜査一課 巡査部長で理想の結婚相手を探している。

行動心理学を駆使し、被疑者の自供率100%を誇る取り調べのスペシャリスト。

「私が嘘を見抜けない人間はいない」と豪語するその手腕から絵麻ならぬ“閻魔さま”と呼ばれている。

あなたの証言なんか最初から信じていない。あなたの大脳辺縁系に質問しているの!

クエンティン・タランティーノ監督の目に留まり、2003年ハリウッド映画「キル・ビル」に女子高生殺し屋役で出演、大ブレイクする。

その後も『ATARU』『アルジャーノンに花束を』などでヒロインを演じ、2018年に入ってからもドラマ『FAINAL CUT』でヒロインを演じています。

西野圭介 白洲迅

警視庁 捜査一課。

張り切って捜査に加わろうとするが、旧態依然とした昭和の鬼刑事や全く刑事とは思えないような女刑事に振り回される。

2011年、舞台『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』でデビュー。
2013年『押忍!!ふんどし部!』でテレビドラマ初主演。
2018年に入り映画『EVEN ~君に贈る歌~』ドラマ『刑事7人 第4シリーズ』等に出演。

筒井道大 宇梶剛士

警視庁 捜査一課 警部補。

たたき上げで情に厚く、自分の勘で動くタイプ。

古いスタイルで捜査を進め絵麻に対抗心を燃やす。

高校2年の時、地元の暴走族「ブラックエンペラー」に入り、17歳で総長になる。
その後、錦野旦の付き人を経てトレンディドラマに多数出演。

2018年に入りドラマ『BG~身辺警護人~』『ヒモメン』『義母と娘のブルース』等に出演。

綿貫俊 野村修一

警視庁 捜査一課 巡査部長。

出世意識が高く、新しく配属された西野(白洲迅)にライバル意識を持つ。

ドラマ『アンナチュラル』映画『アウトレイジ最終章』などに出演。

林田シオリ 椎名香奈江

警視庁 総務課。

誰にでも優しく署内のアイドル的存在。

グラビアアイドル・女優 女性アイドルグループasfi(アスフィ)の元メンバー。

ドラマ『命売ります』『逃亡花』『極道めし』などに出演。

第7話ゲストはこの3人

木谷徹 眞島秀和

元美術教師で現在無職。

8年前に亡くなった父親から相続した一軒家で独り暮らしで、母は大学病院で小児科医。

被害者の久我春奈(三浦由衣)が通っていた中学校で美術の授業を担当。

春菜の監禁容疑で逮捕されるが容疑を否認。去年、春奈の方から自宅に訪れたと主張。

ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』
2018年に入りドラマ『おっさんずラブ』『駐在刑事』『僕とシッポと神楽坂』など出演。

久我春奈 三浦由衣

7年前に中学2年で失踪した少女。交通事故に合う。

意識を取り戻した久我は木谷(眞島秀和)に監禁されていたことを否定。

女優・ファッションモデル
1999年ファッション雑誌『sesame』の読者モデルオーディションでほぼ満点を獲得し合格。

2018年に入りドラマ『遺留捜査』に出演。

木谷園子 辻沢杏子

木谷の母・小児科医。

芸名は辻沢杏子 → 辻沢響江 → 辻沢杏子。

2018年に入りドラマ『dele』日曜ワイド『刑事・横道逸郎』に出演。

第7話「イヤよイヤよも隙のうち」あらすじ

交通事故に合った裸足で半裸の女性の身元を調べると、驚くことに7年前に中学2年で失踪した少女(三浦由衣)であることが判明する。
捜査を進めると、事故現場近くに住む男を7年間自宅に監禁した容疑で逮捕。男は、少女の通う学校の美術教師・木谷徹(眞島秀和)であった。
少女の手首には拘束の跡があり自宅地下室には檻もあったが、木谷は少女に対し愛情があり、親から虐待されていた少女を守るためにしたことと拉致監禁を否定。少女が自分の意志でいたと主張する。
事故で意識不明だった少女も意識を取り戻したが、監禁されていたことを否定する。
行動心理学で嘘を見抜く美貌の女刑事・楯岡絵麻(栗山千明)は、相棒の西野と木谷を取り調べる。少女の人生を滅茶苦茶にした男に対し西野刑事(白洲迅)は激しく憤るが、主張を全く変えない。
取り調べの過程で木谷の生い立ちや少女との関係に着目した絵麻は、事件の背景を探っていく。そして事件の背後にある驚愕の真実に至る…。

引用:土曜ドラマ9「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」:BSテレ東

7年間監禁されていたというのはヤバイ!ですが、少女も監禁を否定しているのが謎ですね。

今回は被疑者が逮捕されない無実だったという展開も1ミリぐらいあるかもですね。

最後に…

最後まで読んでいただきありがとうございました。

まとめると

  • 第7話ゲストは眞島秀和・三浦由衣・辻沢杏子の3人
  • 交通事故にあった女性の身元を調べると、7年前に中学2年で失踪した少女・久我春奈(三浦由衣)であることが判明。
  • 警察は少女の通う学校の美術教師・木谷徹(眞島秀和)を、少女を7年間自宅に監禁した容疑で逮捕。
  • 少女の手首には拘束の跡があったが、木谷は親から虐待されていた久我を守るためにしたことだと拉致監禁を否定。
  • 一方、意識を取り戻した少女も、監禁されていたことを否定する。

ということでした。

他の【サイレント・ヴォイス 行動審理捜査官・楯岡絵麻】の記事もぜひ読んでみてください。

⇒【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】関連記事一覧

更新情報をアップしているTwitterのフォローもよろしくお願いします。

⇒管理人”はぼたん”のTwitterはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする