【探偵の鑑定】北風(紗崎玲奈)は太陽(凜田莉子)を信じられるのか?

今回は【探偵の鑑定】(小説)を紹介します。

探偵の鑑定の作者は松岡圭祐で、松岡圭祐の2つのシリーズの

探偵の探偵万能鑑定士Qクロスオーバー作品になってます。

決してただ2作品の登場人物が一緒に出てくるだけではなく、

それぞれの登場人物たちの思いがうまく絡まってるのでおすすめ!です。

あらすじ

美女を目当ての高級交際クラブで

高級バッグのバーキンを使った連続詐欺事件が発生

使用されたバーキンは万能鑑定士Qの凜田莉子(りんだりこ)が鑑定をしていた。

東京都調査業協力中央支部は 莉子が鑑定士でありながら

探偵のようなことをしていることに注目し、

スマ・リサーチの社長 須磨は

対探偵課の紗崎玲奈に莉子を調べろと任務を出す

玲奈は莉子の店である万能鑑定士Qを見張っている時に

異変に気付き莉子の危機を救う。

玲奈と莉子は協力し連続詐欺事件の真相を追うのだが

指定暴力団獅靱会(しじんかい)が絡んでいることが判明

獅靱会との抗争が始まる…。

見どころ

北風は太陽を信じられるのか?

探偵の鑑定のテーマは、作者の松岡圭祐によると

「北風は太陽を信じられるのか?」だそうです。

北風は「探偵の探偵」主人公の紗崎玲奈、

太陽は「万能鑑定士Q」主人公の凜田莉子です。

探偵の闇の部分に深くはまり、

暴力によっての人の死が当たり前にある世界の紗崎玲奈

暴力は絶対NGで鑑定の仕事をしている

人の死が身近にない世界の凜田莉子

玲奈は莉子のいる世界に行きたい。

でもすでに闇の世界の住人だから、そう簡単にはいかない。

闇の世界が自分の帰る場所だと…。

玲奈は闇の探偵の世界を去るのか?

莉子は暴力のある闇の世界に引きずり込まれてしまうのか?

そこが一番の見どころです!

それぞれの登場人物の活躍

紗崎玲奈 凜田莉子の活躍はもちろんのこと

「探偵の探偵」と「万能鑑定士Q」の他の登場人物たちや、

「水鏡探偵」の水鏡瑞樹、「特等添乗員α」の浅倉絢奈も登場し協力します。

また並行して社長須磨や部下の桐島の過去の話が登場し

獅靱会(しじんかい)との因縁がより事件を面白くしています。

探偵の鑑定から読んでも大丈夫なように出来ているので安心してください。

感想

超感動した!!

登場人物それぞれの思いや覚悟が書かれていて、

最後にはみんなそれぞれの道に…。

とくに僕が感動したのは須磨と桐島の師弟コンビです。

玲奈たちを普通の世界に戻し、さらに自分たちは覚悟を決めて

獅靱会に立ち向かう姿勢がカッコよすぎ!でした。

興味のある方はこちらから

探偵の鑑定1 (講談社文庫)

松岡 圭祐 講談社 2016-03-15
売り上げランキング : 82127

by ヨメレバ

探偵の鑑定2 (講談社文庫)

松岡 圭祐 講談社 2016-04-15
売り上げランキング : 81405

by ヨメレバ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする