【ブラックスキャンダル】第5話ネタバレ・感想 ゲストの笠原秀幸さんの変態演技が鳥肌!

View this post on Instagram

木曜ドラマF『ブラックスキャンダル』さん(@_blackscandal_)がシェアした投稿

山口紗弥加主演ドラマ【ブラックスキャンダル】第5話が11月1日木曜日に放送されました。

ゲストの笠原秀幸さんの演技が鳥肌ものでした。

今回はそんな第5話のネタバレと感想をまとめてみました。

第5話ネタバレ

矢神と花園がチーフの座をかけ対決!

View this post on Instagram

木曜ドラマF『ブラックスキャンダル』さん(@_blackscandal_)がシェアした投稿

勅使河原社長(片岡鶴太郎)は矢神(山口紗弥加)と花園(平岩紙)を社長室に呼びだし、LALAヴィレッジ・久保寺社長(笠原秀幸)のパーティが3日後に開かれると話す。

そこには多くのタレントやモデルが参加し、久保寺の一存でCMキャラクターが決められる。

勅使河原社長は矢神と花園にそれぞれ一番押しているタレントを連れてパーティに行き、CMを取ってきた方を芸能2部のチーフマネージャーにすると告げる。

落ち込んでいるソフィア(瑛茉ジャスミン)の隣に小嶋(小川紗良)が座ると、ソフィアは煙草を吸いながら生い立ちを話しだす。

ソフィアがお金に執着しているのは、駆け落ちしていなくなった父親に代わり、クロアチアにいる弟妹5人に幸せになってもらうためだった。

会社に戻ったソフィアはもっとお金の多い仕事を入れてくれとマネージャー・水谷(若葉竜也)にあたる。

今度は物にあたりだしたソフィアが、常に水谷のデスクにある赤色の踵が折れたヒールに手を伸ばすと「やめろー!」と水谷はヒールを奪い返す。

そこへ花園が来て、自分がソフィアの担当になり3日後のパーティーに参加させると告げる。

収入が何倍にも増えると聞き、ソフィアは水谷を見限り喜んで花園についていく。

純矢は矢神が紗羅だと気づいてる!?

矢神が一人でエレベーターを待っていると純矢(安藤政信)が隣にきて、キスのことは後悔してないと話す。

純矢:「紗羅(松本まりか)のこと忘れたわけじゃない。でも君に引かれてる。君と紗羅は似てる。見た目じゃない雰囲気かな。あぁーごめん失礼だよね、似てるなんて。忘れて。

矢神は自宅にいた阿久津(松井玲奈)に純矢とのキスについて話し、陰から見ていたはずの阿久津は初めて聞いたかのような反応をする。

矢神:「正直不安だった。感触でもバレちゃうんじゃないかって。」と唇を触る。

阿久津:「ひょっとしてそのまま付き合っちゃうんですか?矢神亜梨沙として。」と微笑む。

矢神:「私には復讐があるから。」と無理したように笑う。

パーティー当日!女の醜い争い

花園はソフィアを連れてパーティー会場に向かう。

帽子をかぶった男がソフィアにぶつかり、そして矢神はその男をちらりと見る。

会場では多くのモデルやタレントが久保寺社長の注意を引こうと色々な手を駆使していた。

ソフィアは花園との打ち合わせ通り、泣き崩れる演技で注意を引き自分の生い立ち話をし、貧しい家に生まれた久保寺を共感させる。

花園の策略通り久保寺はソフィアのことを応援すると話す。

View this post on Instagram

木曜ドラマF『ブラックスキャンダル』さん(@_blackscandal_)がシェアした投稿

そこへ矢神と小嶋が来るが、花園はあまり小嶋が久保寺と話せないようにする。

そんなとき久保寺の周りにいた女の一人が久保寺がいけた花に話を振る。

小嶋は矢神に背中を押され久保寺の隣へ行き、矢神との打ち合わせ通り、花をいけた器に詳しいということをアピール。

小嶋:「この器を作った人凄く孤独な人。伝統技法を用いているのにそれを否定しているような。何でも自分一人ですべてを完成させるっていうエゴを感じます。

それを聞いた久保寺は器を作ったのも自分だと明かす。

久保寺:「痛いとこつかれたのかもしれないな。僕はトップである以上何事も全部自分で決めると誓ってるんだ。でもそれが自分自身を苦しめていたのかもしれないね。君はどうなの?

小嶋:「私には心から信頼できる人がいます。たとえ自暴自棄になるようなことがあっても その人は絶対に私を肯定してくれます。」

久保寺:「君みたいな子は初めてだ。よかったら向こうでゆっくりお話ししませんか?

小嶋は近くにいた矢神をチラッと見て久保寺についていく。

状況が不利になった花園はソフィアに枕営業をしろと持ち掛ける。

花園:「そしたら全部うまくいくから。」

ソフィアは自分の故郷のことを話され、要求を渋々呑む。

矢神に脅され操り人形になった芸能記者・巻田(片桐仁)は、ソフィアとぶつかった時に付けた盗聴器で、2人の会話を盗聴していた。

久保寺は人気のないところに行き、小嶋に別の場所で飲みなおさないかと持ち掛ける。

そこへ「私もご一緒してよろしいですか?」と矢神が来る。

矢神:「久保寺社長のような紳士がまさかとは思いますが、ご所望なら私がお相手しましょうか?夏恋みたいな子供より私のほうがずっといいと思いますけど。」と久保寺の耳元で呟く。

久保寺:「また今度にする。では。」と言って去る。

気分が悪そうな小嶋に花園の手下であるウェイターが近づいてきて、酔い覚ましの水を渡す。

小嶋はその水を飲み、意識を失ってしまう。

花園は矢神に小嶋が倒れていることを知らせる。

矢神が小嶋のもとへ駆け寄ると意識を取り戻す。

まさかの殺人!

View this post on Instagram

木曜ドラマF『ブラックスキャンダル』さん(@_blackscandal_)がシェアした投稿


ソフィアは会場に戻ってきた久保寺の前で気分が悪い様子を演じる。

花園はソフィアを久保寺の部屋で休ませて欲しいと頼み、承諾した久保寺はソフィアを連れて自分の部屋に行く。

部屋に来た久保寺は赤ちゃんの格好をし変態プレイを要求。

あまりの気味の悪さにソフィアはバスルームに逃げ込み、水谷に電話して助けを求める。

ソフィアの電話を受けて、水谷は急いで会場に向かう。

一方、矢神は小嶋をタクシーに乗せ見送り、巻田からソフィアが久保寺の部屋に連れ込まれ、叫び声をあげていることを知らされ急いで会場に戻る。

久保寺はバスルームのカギを開け、逃げ出したソフィアの上にまたがり、首を絞め始める。

久保寺の部屋に駆けつけた水谷はソフィアが倒れているのを見つけ、水谷が大事にしている踵が折れた赤色のヒールを履いた女性が血だらけで倒れているという記憶を思い出す。

水谷は泣き震えているソフィアを抱きかかえ、ソフィアが指さした先を見ると久保寺が頭から血を流し死んでいた。

ソフィアは、首を絞められたときに突き飛ばした久保寺が、バスルームで頭を打ち死んでしまったことを伝える。

ソフィア:「あたし警察に捕まるの?もうクロアチア帰れないの?」と取り乱す。

水谷:「大丈夫、僕が何とかするから。ソフィア早く帰って!」とソフィアを部屋から出す。

ソフィアをかばう水谷

水谷が一人でいた久保寺の部屋に、花園と矢神が駆けつけ遺体を確認。

水谷は自分がやったと伝え、自首すると話す。

花園はソフィアを追って出ていき、水谷は遺体のある部屋に入りドアを閉め、自分で警察に電話をかける。

駐車場で泣きながら震えていたソフィアのもとへ花園が。

花園:「あんた、とんでもないことしてくれたわね。何もかも全部パーじゃないの!」

花園:「水谷が久保寺社長を殺したと言ってる。」とソフィアに伝える。

久保寺の部屋に戻ろうとするソフィアを花園は引き留める。

花園:「よかったじゃない!もしあんたが捕まったらもう一生故郷には帰れないかもね。大丈夫、私の言うとおりに仕事してればそんなことには絶対ならないから。

水谷はパトカーに乗せられ、矢神はパトカーを見送る。

一方、家で酒に酔っていた阿久津は「どうしてなの?」と強くこぶしを握る。

肉を食べていた勅使河原社長のもとに一人の男(マイケル富岡)がやってくる。

勅使河原:「ちょっとした頼みごとがありましてね。ジョン。」

第5話感想  感想ツイートも

まさかのソフィアが人殺しなんてびっくりな展開です!

花園が枕営業を指示したことで、こうなったのでさらに花園の立場が悪くなりますね。

矢神がチーフになるのも時間の問題かも。

水谷が大事にデスクに置いている踵の折れた赤のヒールの謎が若干明らかになりましたね。

そのヒールを履いて血を流して倒れている女性はいったい誰なんでしょうか?気になります。

というわけで感想ツイートを少しまとめてみました。

最後に…

最後まで読んでいただきありがとうございました。

第5話をまとめると

  • 勅使河原社長(片岡鶴太郎)は矢神(山口紗弥加)と花園(平岩紙)の2人を呼び出し、LALAヴィレッジのCMを取ってきた方を芸能2部のチーフマネージャーにすると言う。
  • 多くのタレントが出席するパーティーで社長の久保寺(笠原秀幸)が自らCM出演者を選ぶため、矢神と花園はそれぞれ小嶋(小川紗良)とソフィア(瑛茉ジャスミン)を連れて行く。
  • 枕営業を指示されたソフィアは具合が悪くなったフリをして、久保寺と二人きりで久保寺の部屋へ行く。
  • 花園に「何をやってもいい」と言われた久保寺は変態プレイを強要し、ソフィアの首を絞め始め、ソフィアが久保寺を突き飛ばすと頭を打ち死んでしまう。
  • ソフィアに助けを求められた水谷は、ソフィアをかばい自分が犯人だと警察に電話する。

他にもブラックスキャンダルの記事はあるので読んでみてください。

⇒ブラックスキャンダル記事一覧

更新情報をアップしているTwitterのフォローもよろしくお願いします。

⇒管理人”はぼたん”のTwitterはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする