【ブラックスキャンダル】第4話ネタバレ・感想まとめ 純矢と矢神がキス!

View this post on Instagram

木曜ドラマF『ブラックスキャンダル』さん(@_blackscandal_)がシェアした投稿

山口紗弥加主演ドラマ【ブラックスキャンダル】第4話が10月25日木曜日に放送されました。

巻田に正体がバレてしまった矢神。復讐が終わってしまうのかどうか注目です!

今回はそんな第4話のネタバレと感想をまとめてみました。

第4話ネタバレ

「復讐は終わり。」矢神は巻田に脅される。

View this post on Instagram

木曜ドラマF『ブラックスキャンダル』さん(@_blackscandal_)がシェアした投稿

矢神亜梨沙(山口紗弥加)は芸能記者・巻田(片桐仁)に正体がばれる。

巻田:「お前はこれから一生俺の操り人形だ。」と脅される。

花園(平岩紙)は認めたくないながらも、勅使河原社長(片岡鶴太郎)にミルキーロードのLALAスタ公演は問題なく開催できそうだと報告。

勅使河原社長は矢神が若手だけで劇団を立ち上げることを提案してきたことと、自分をチーフマネージャーにしてくださいと言ったことを明かす。

勅使河原:「時に血の入れ替え必要だろ。」と花園に突きつける。

矢神は阿久津唯菜(松井玲奈)に、巻田に正体がばれたことを伝える。

巻田に、3日以内にドラマの主演クラスの裏情報を3ネタ持ってこないと正体をばらすと脅されていることも伝え、頭を抱える。

阿久津:「もし亜梨沙さんの正体が記事にされたら

矢神:「復讐は終わり。

矢神は事務所に来た小嶋夏恋(小川紗良)に新しい連ドラの台本を渡す。その役は3番手!

そこに稲沢(立花祐大)が来る。マネージャーの田澤美樹(野村麻純)は小嶋と同じ連ドラの台本を渡すが、役は兵隊Bで小嶋より番手が低い。

稲沢は小嶋に敵意むき出しで事務所を出て屋上へ行く。

屋上にいた稲沢のもとに花園が来る。

小嶋が自分より売れていることに腹が立っている稲沢に、花園は小嶋が五色沼プロデューサーに枕営業して役をもらったと伝える。

「諦めたらそこで復讐終了ですよ。」

翌日、マネージャー・水谷快人(若葉竜也)は自身がスカウトしたソフィア(瑛茉ジャスミン)にいろんな仕事の説明をするが、ソフィアは「もっと沢山お金欲しい。」と耳を持たない。

矢神に「ちょっと話があるんだけどいいかな?」と勅使河原純矢(安藤政信)が訪ねてくる。

矢神は純矢に連れられ、かつて藤崎紗羅(松本まりか)の時に純矢と来ていたレストランに。

矢神は芸能2部の若手にも均等にチャンスを用意してあげたいと話す。

純矢:「俺も君はチーフに相応しいと思ってた。君とならフローライトを変えられるような気がする。」

純矢:「俺はいずれ社長になる。そんとき君がそばにいてくれたら…。

純矢:「俺と一緒にフローライトを変えよう。」と矢神の手に触れる。

矢神は巻田が2人の様子を撮っていることに気づき、巻田の車へ。

巻田:「心配性なんですよね。だから一回ちゃんと警告しとこうと思って。」

巻田は藤崎紗羅が整形して復讐しているという記事のコピーを矢神に渡す。

巻田:「諦めたらそこで復讐終了ですよ。

翌日、稲沢は夏恋を訪ね、五色沼との枕営業を話に出し夏恋は呆然とする。

稲沢は明後日の連ドラの現場までに100万円用意しろと口止め料を要求。

一人になり不安になった夏恋は、矢神に連絡するが繋がらない。

一方、矢神は巻田を尾行し、巻田に妻子がいることを突き止める。

家に戻った矢神は撮った写真を見て「幸せそう。」と呟きビリビリに破く。

矢神の家にいた阿久津は、巻田の妻と稲沢のツーショットを見つけ驚き矢神に見せる。

矢神の携帯には小嶋からの電話がかかっていた。

「私は許さないから。」

2日後、連ドラの現場で撮影の合間、稲沢は小嶋を連れ現場から離れる。

小嶋は稲沢に100万円は渡さないと言い切る。

小嶋:「このまま脅されながら女優を続けるくらいなら、全部明かして胸を張って役者を続ける方がずっといい!

稲沢:「お前は世間を甘く見すぎだ。バレても本当に女優を続けられると思ってるのか?

小嶋:「続けられます。亜梨沙さんが私を守ってくれるから。

稲沢:「じゃやってやるよ。30万人のフォロワーがお前を勝手に処刑してくれる。」と芸能暴露君のページを開く。

そのとき矢神が2人のもとへ。

矢神:「今の会話全部撮らせてもらいました。と録画した音声付きの映像を再生。

矢神:「これは立派な恐喝です。証拠として警察に提出させていただきます。」

立ち去ろうとする2人に向かって稲沢は土下座して謝る。

小嶋:「もう2度とこんなことはしないでください。今回だけは許しますから。」と言い残して現場に戻る。

小嶋が戻ったことを確認した矢神は、「私は許さないから。」と稲沢の胸倉をつかむ。

家に帰ってきた矢神のもとに巻田から電話がかかってくる。

巻田:「いよいよ明日ですね。ネタ用意できました?」

矢神:「大丈夫です。」と言いながら、藤崎紗羅の不倫スキャンダルの週刊誌記事を見る。

復讐!「一滴残らず地球上から干されて消えて。」

翌日、待っている矢神のもとに巻田が来る。

矢神:「ネタは用意できています。とっておきのスクープです。

そう言って巻田を立体駐車場に連れてくる。

矢神:「とっておきのスクープは今ここで起きています。ご自身でご確認下さい。」

巻田は言われた通りセッティングされたカメラで向かいのホテルのベランダを覗くと、そこには稲沢の姿が。

巻田:「おいおい、稲沢の熱愛なんて引きがねぇだろ。」

矢神:「いえ、引きがあるのは相手のほうです。」と二ヤリ。

巻田が再度覗くと、稲沢と巻田の妻がベランダでキスして絡み合っていた!

矢神:「イケメン俳優と人妻の不倫現場です。どうです?とっておきのスクープでしょ。

矢神:「欲求不満みたいですよ。満たされてないみたい。だって奥様イケメン俳優の相手ができるって言ったら、すぐにしっぽ降ってこられましたもの。

矢神:「あなたにとってこれほど大きなネタないでしょ。ほら早く写真撮ってくださいよ。いつものように撮られる側の気持ちとかその先の人生とか、一切考えずに、ほら。」

写真を撮ろうとしない巻田に代わって、矢神はシャッターを切りまくる。

混乱した巻田はカメラからSDカードを抜き踏みつける。

矢神:「少しは取られる側の気持ちわかりました?」

矢神:「あなたは週刊星流でたくさんの芸能人を地獄に突き落としてきました。その記者の妻とイケメン俳優が不倫してるって世間が知ったらどう思いますかね。

矢神:「フォロワー30万人の芸能暴露君あなたならご存知ですよね?

矢神:「今ね、私ログイン中なんですけど、この転送されてきた写真をね、投稿しようかどうか迷ってるんですよ。と巻田の妻と稲沢の不倫写真を乗せたぺージを見せ、人差し指を投稿ボタンにかざす。

「待って!」と焦る巻田。

矢神は5年前の嘘の記事をなぜ書いたのか質問すると、巻田は金のためにやったと開き直る。

矢神が一瞬気を抜いた隙に巻田は襲い掛かるが、矢神が巻田を突き飛ばす。

矢神:「金のため潔白の芸能人を嘘のスキャンダルで汚し、絶望に陥れて悦に浸る。お前みたいな腐った汚物にこれ以上この芸能界を汚させない!」

矢神:「一滴残らず地球上から干されて消えて。

投稿ボタンを押そうとする矢神に、巻田は泣きながら土下座して謝る

矢神:「だったら一つだけ条件がある。あんたはこれから一生私の操り人形よ。

一方、ソフィアは怪しげなクラブで酒に酔っていた。

水谷は「今すぐプロデューサーの家に謝りに行こう」と必死にソフィアを連れ出そうとする。

純矢と矢神を陰から覗く阿久津

View this post on Instagram

木曜ドラマF『ブラックスキャンダル』さん(@_blackscandal_)がシェアした投稿

事務所に戻った矢神を、純矢は屋上に連れ出す。

純矢:「突然呼び出してゴメン。君はあの時のことは忘れてくださいって言ってたけど忘れることなんてできない。そう言って矢神にキスをする。

矢神はかつて藤崎紗羅の時、純矢と付き合っていた時のことを思い出し純矢の腰に手を回す。

その様子を陰からそっと阿久津は覗く。

第4話感想  感想ツイートも

矢神の復讐はまだまだ続きそうですね。

今度は巻田を操り人形に出来たので、巻田を使って復讐を進めていくことができますね。

でも奥さんの不倫現場を見せるという復讐の方法はある意味今までで一番ひどいのではww

純矢と矢神がキスしている様子を見ていた阿久津の表情が何か怪しい。

復讐がある矢神は正体を明かせないので、2人がこのまま付き合うのかどうかは次回の注目ポイントですね。

感想ツイートを少しまとめてみました。

最後に…

最後まで読んでいただきありがとうございました。

第4話をまとめると

  • 矢神(山口紗弥加)は芸能記者・巻田(片桐仁)に正体がバレ脅される。
  • 小嶋(小川紗良)は、小嶋に嫉妬する同じ事務所のタレント・稲沢(立花祐大)に枕営業のことがバレ、脅されるが、矢神に救ってもらう。
  • 矢神は巻田の妻と稲沢の不倫現場を巻田に見せて、その不倫写真をネットに投稿すると脅し復讐成功。巻田を操り人形にする。
  • 純矢(安藤政信)と矢神はキスし、陰から阿久津(松井玲奈)がその様子を見ていた。

他にもブラックスキャンダルの記事はあるので読んでみてください。

⇒ブラックスキャンダル記事一覧

更新情報をアップしているTwitterのフォローもよろしくお願いします。

⇒管理人”はぼたん”のTwitterはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする