【サイレント・ヴォイス】第4話あらすじ・キャストまとめ 警察が誤認逮捕で自白を強要!?


栗山千明主演ドラマ【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】         第4話「トロイの落馬」が10月20日(土)夜9時からBSテレ東(7ch)で放送。

楯岡絵麻(栗山千明)と弁護士の松尾隆太郎(西村和彦)が心理戦を繰り広げます。

今回は第3話の登場人物(キャスト)・ゲスト・あらすじをまとめてみました。

第4話登場人物(キャスト) ゲストは誰? 役柄まとめ

レギュラーキャストはこの5人!

楯岡絵麻たておか・えま 栗山千明

警視庁 捜査一課 巡査部長で理想の結婚相手を探している。

行動心理学を駆使し、被疑者の自供率100%を誇る取り調べのスペシャリスト。

「私が嘘を見抜けない人間はいない」と豪語するその手腕から絵麻ならぬ“閻魔さま”と呼ばれている。

あなたの証言なんか最初から信じていない。あなたの大脳辺縁系に質問しているの!

今回は黒を白にもする弁護士・松尾と心理戦。

クエンティン・タランティーノ監督の目に留まり、2003年ハリウッド映画「キル・ビル」に女子高生殺し屋役で出演、大ブレイクする。

その後も『ATARU』『アルジャーノンに花束を』などでヒロインを演じ、2018年に入ってからもドラマ『FAINAL CUT』でヒロインを演じています。

西野圭介 白洲迅

警視庁 捜査一課。

張り切って捜査に加わろうとするが、旧態依然とした昭和の鬼刑事や全く刑事とは思えないような女刑事に振り回される。

2011年、舞台『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』でデビュー。
2013年『押忍!!ふんどし部!』でテレビドラマ初主演。
2018年に入り映画『EVEN ~君に贈る歌~』ドラマ『刑事7人 第4シリーズ』等に出演。

筒井道大 宇梶剛士

警視庁 捜査一課 警部補。

たたき上げで情に厚く、自分の勘で動くタイプ。

古いスタイルで捜査を進め絵麻に対抗心を燃やす。

高校2年の時、地元の暴走族「ブラックエンペラー」に入り、17歳で総長になる。
その後、錦野旦の付き人を経てトレンディドラマに多数出演。

2018年に入りドラマ『BG~身辺警護人~』『ヒモメン』『義母と娘のブルース』等に出演。

綿貫俊 野村修一

警視庁 捜査一課 巡査部長。

出世意識が高く、新しく配属された西野(白洲迅)にライバル意識を持つ。

ドラマ『アンナチュラル』映画『アウトレイジ最終章』などに出演。

林田シオリ 椎名香奈江

警視庁 総務課。

誰にでも優しく署内のアイドル的存在。

グラビアアイドル・女優 女性アイドルグループasfi(アスフィ)の元メンバー。

ドラマ『命売ります』『逃亡花』『極道めし』などに出演。

第4話ゲストはこの4人

松尾隆太郎 西村和彦

松尾法律事務所の弁護士でテレビやネットで引っ張りだこで、冤罪被害0を掲げネットでもチャンネルを持ち活動。

警察に対し、証拠不十分な見切り発車的逮捕、場当たり的な取調、誘導尋問などから発生する冤罪を防ごうと奔走する。

嘘を見抜くプロの絵麻と心理戦。

2018年に入りドラマ『三匹のおっさん』『執事 西園寺の名推理』に出演。

高山幸司 少路勇介

今回の被疑者でプログラマー。

妻は女優の町田マリー。

2018年に入りドラマ『静おばあちゃんにおまかせ』『刑事7人』に出演。

清水法子 奥村佳恵

IT会社社員。

舞台『音楽劇 ガラスの仮面』のオーディションに応募し、2330名の応募者の中からヒロインの一人に抜擢さら女優としてデビューを飾る。

2018年に入りドラマ『アンナチュラル』『FINAL CUT』に出演。

高橋純 藤木由貴

弁護士秘書。

レースクイーン・モデル

2017年に「日本レースクイーン大賞」で大賞を含む5冠を達成し、ネットを中心に「史上最高にかわいいレースクイーン」の異名で呼ばれる。

第4話「トロイの落馬」あらすじ

ある日、ネットの掲示板とSNSに次々と大量殺人予告が出る。IPアドレスから警察は差出人を突きとめ数名を逮捕するが全て誤認逮捕と判明する。その後、警察のメンツをかけて逮捕した被疑者・高山(少路勇介)を、美貌の女刑事・楯岡絵麻(栗山千明)が行動心理学で取り調べる。そこで絵麻は、高山が警察の誤認逮捕を引き起こさせたコンピューターウイルスを作ったことは分かるが、殺害予告を行ったかはまだ確信が得られなかった。
そこにテレビなどでも活躍する人権派弁護士・松尾(西村和彦)が現れ高山の冤罪を主張する。誤認逮捕で自白が強要されているというのだ。すぐに被疑者・高山を連れて帰るという。
そこで絵麻は、松尾に取調室で裁判を開こうと持ちかける。その裁判で冤罪が証明されれば警察の不当逮捕と自白強要を認めると約束する。その言葉を聞いた松尾は、もし冤罪の場合にはネット配信にて全国民に対し謝罪しろと要求する。
“嘘を見抜く仕事の絵麻”と“言葉を用いて黒を白にもする弁護士・松尾”が対決する。そして、驚きの真相に至る…。

引用:土曜ドラマ9「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」:BSテレ東

今回は被疑者と心理戦ではなく、弁護士とということで新たな展開ですね。

今まで同じ展開だったのでそろそろ飽きそうなところで違うテイストなのでうれしい。

SNSを使った大量殺害予告というのも今風なので楽しみですね。

最後に…

最後まで読んでいただきありがとうございました。

まとめると

  • 第4話ゲストは西村和彦・少路勇介・奥村佳恵・藤木由貴の4人
  • 次々と大量殺人予告が出て、警察は高山(少路勇介)を逮捕し、絵麻が取り調べる。
  • そこに人権派弁護士・松尾(西村和彦)が現れ高山の冤罪を主張。
  • “嘘を見抜く仕事の絵麻”と言葉を用いて黒を白にもする”弁護士・松尾”が対決する。

ということでした。

他の【サイレント・ヴォイス 行動審理捜査官・楯岡絵麻】の記事もぜひ読んでみてください。

⇒【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】関連記事一覧

更新情報をアップしているTwitterのフォローもよろしくお願いします。

⇒管理人”はぼたん”のTwitterはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする