【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】第3話あらすじ・キャストまとめ 霊能力者の予言殺人!

栗山千明主演ドラマ【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】         第3話「私は何でも知っている」が10月20日(土)夜9時からBSテレ東(7ch)で放送。

今回は絵麻と霊能者が女同士、心を読み取る技を駆使し対峙する回のようです。

今回は第3話の登場人物(キャスト)・ゲスト・あらすじをまとめてみました。

第3話登場人物(キャスト) ゲストは誰? 役柄まとめ

レギュラーキャストはこの5人!

楯岡絵麻たておか・えま 栗山千明

警視庁 捜査一課 巡査部長で理想の結婚相手を探している。

行動心理学を駆使し、被疑者の自供率100%を誇る取り調べのスペシャリスト。

「私が嘘を見抜けない人間はいない」と豪語するその手腕から絵麻ならぬ“閻魔さま”と呼ばれている。

あなたの証言なんか最初から信じていない。あなたの大脳辺縁系に質問しているの!

霊能者・手嶋(堀内敬子)と女同士、心を読み取る技を駆使し対峙。驚きの真相に至る。

クエンティン・タランティーノ監督の目に留まり、2003年ハリウッド映画「キル・ビル」に女子高生殺し屋役で出演、大ブレイクする。

その後も『ATARU』『アルジャーノンに花束を』などでヒロインを演じ、2018年に入ってからもドラマ『FAINAL CUT』でヒロインを演じています。

西野圭介 白洲迅

警視庁 捜査一課。

張り切って捜査に加わろうとするが、旧態依然とした昭和の鬼刑事や全く刑事とは思えないような女刑事に振り回される。

2011年、舞台『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』でデビュー。
2013年『押忍!!ふんどし部!』でテレビドラマ初主演。
2018年に入り映画『EVEN ~君に贈る歌~』ドラマ『刑事7人 第4シリーズ』等に出演。

筒井道大 宇梶剛士

警視庁 捜査一課 警部補。

たたき上げで情に厚く、自分の勘で動くタイプ。

古いスタイルで捜査を進め絵麻に対抗心を燃やす。

高校2年の時、地元の暴走族「ブラックエンペラー」に入り、17歳で総長になる。
その後、錦野旦の付き人を経てトレンディドラマに多数出演。

2018年に入りドラマ『BG~身辺警護人~』『ヒモメン』『義母と娘のブルース』等に出演。

綿貫俊 野村修一

警視庁 捜査一課 巡査部長。

出世意識が高く、新しく配属された西野(白洲迅)にライバル意識を持つ。

ドラマ『アンナチュラル』映画『アウトレイジ最終章』などに出演。

林田シオリ 椎名香奈江

警視庁 総務課。

誰にでも優しく署内のアイドル的存在。

グラビアアイドル・女優 女性アイドルグループasfi(アスフィ)の元メンバー。

ドラマ『命売ります』『逃亡花』『極道めし』などに出演。

第3話ゲスト(今回の被疑者)はこの人!

手嶋奈緒美 堀内敬子

今回の被疑者で霊能者。

前世などから相談者の全てを見抜き不治の病なども治してしまうほどの能力があると評判。

熱狂的に崇拝する者たちもいるが、同時に言葉巧みに心の隙間に付け込み金をだまし取るインチキと主張する人たちもいた。

手嶋と対立する被害者の会代表の山本が謎の死を遂げ、山本は死ぬ直前、手嶋から「3日後に死ぬという“死の予言”」を宣告されていたことが判明。

捜査本部は手嶋が自分をインチキと主張し対立する山本を殺害したのではないかと睨み、取り調べを行い、絵麻と手嶋はお互い女同士心を読み取る技を駆使し対峙する。

2018年に入ってからドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』
『ハゲタカ』『グッド・ドクター』『プリティが多すぎる』などに出演。

第3話「私は何でも知っている」あらすじ

今回の被疑者は絶大な人気を誇る霊能者・手嶋奈緒美(堀内敬子)。彼女は、前世などから相談者の全てを見抜き不治の病なども治してしまうほどの能力があると評判だった。しかし、同時に言葉巧みに心の隙間に付け込み金をだまし取るインチキと主張する人たちもいた。
そんな手嶋と対立する被害者の会代表の山本が謎の死を遂げた。手嶋と揉めていた山本は死ぬ直前、手嶋から「3日後に死ぬという“死の予言”」を宣告されていたことが判明。査本部は手嶋が自分をインチキと主張し対立する山本を殺害したのではないかと睨み、取り調べを行う。
しかし、手嶋にはアリバイもあり霊能力で殺したということ以外、殺人を証明する証拠はなかった。また、手嶋を信奉する信者たちは数多く存在しており無実を訴える者、更には死んで当然という者までいた。
物的証拠が無い状態の不可解な予言殺人。絵麻が取り調べを行うと、手嶋は絵麻の性格や癖、更には前世や未来なども見通す。あまりに鋭く見抜いていくその能力に、西野(白洲迅)は本物の霊能力者ではないか…、それゆえ霊能力で山本を殺害したのではないか…と思い始めてしまう。絵麻と手嶋は、お互い女同士、心を読み取る技を駆使し対峙する。そして、驚きの真相に至る…。
被疑者たちは犯した罪をどのように隠し逃げ切ろうとするのか…。楯岡絵麻がどのように被疑者を追い詰めていくのか…。熱い心理戦が繰り広げられる!

引用:土曜ドラマ9「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」:BSテレ東

どんなトリックを使って霊能力に見せかけ山本を殺したのか注目ですね。

そしてそのトリックを絵麻がどうやって行動心理学とマイクロジェスチャーから見破っていくのか楽しみです。

最後に…

最後まで読んでいただきありがとうございました。

まとめると

  • 第3話ゲスト(被疑者)は堀内敬子
  • 絶大な人気の霊能者・手嶋奈緒美(堀内敬子)と対立していた山本が謎の死を遂げ、山本は死の直前手嶋から「3日後に死ぬ」という“死の予言”を宣告されていたことが判明。
  • 捜査本部は手嶋を疑い取り調べを行うが霊能力で殺した以外証拠はなく、絵麻(栗山千明)は手嶋とお互い女同士、心を読み取る技を駆使し、驚きの真相に至る。

ということでした。

他の【サイレント・ヴォイス 行動審理捜査官・楯岡絵麻】の記事もぜひ読んでみてください。

⇒【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】関連記事一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする