【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】第1話あらすじ・登場人物・キャスト・ゲストまとめ

栗山千明主演ドラマ【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】         第1話「YESか脳か」が2018年10月6日(土)夜9時からBSテレ東(BS7ch)で放送スタート!

ドラマはあらかじめ被疑者が分かっており、被疑者との心理戦がメインです

今回は第1話の登場人物(キャスト)・ゲスト・あらすじをまとめてみました。

第1話登場人物(キャスト) ゲストは誰? 役柄まとめ

レギュラーキャスト

楯岡絵麻たておか・えま 栗山千明

警視庁 捜査一課 巡査部長。

行動心理学を駆使し、被疑者の自供率100%を誇る取り調べのスペシャリスト。

「私が嘘を見抜けない人間はいない」と豪語するその手腕から絵麻ならぬ“閻魔さま”と呼ばれている。

「あなたの証言なんか最初から信じていない。あなたの大脳辺縁系に質問しているの!」

クエンティン・タランティーノ監督の目に留まり、2003年ハリウッド映画「キル・ビル」に女子高生殺し屋役で出演、大ブレイクする。

その後も『ATARU』『アルジャーノンに花束を』などでヒロインを演じ、2018年に入ってからもドラマ『FAINAL CUT』でヒロインを演じています。

西野圭介 白洲迅

警視庁 捜査一課。

張り切って捜査に加わろうとするが、旧態依然とした昭和の鬼刑事や全く刑事とは思えないような女刑事に振り回される。

2011年、舞台『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』でデビュー。      2013年『押忍!!ふんどし部!』でテレビドラマ初主演。

2018年に入ってから映画『EVEN ~君に贈る歌~』、ドラマ『刑事7人 第4シリーズ』等に出演。

筒井道大 宇梶剛士

警視庁 捜査一課 警部補。

たたき上げで情に厚く、自分の勘で動くタイプ。

古いスタイルで捜査を進め絵麻に対抗心を燃やす

高校2年の時、地元の暴走族「ブラックエンペラー」に入り、17歳で総長になる。 その後、錦野旦の付き人を経てトレンディドラマに多数出演。

2018年に入ってからドラマ『BG~身辺警護人~』『ヒモメン』『義母と娘のブルース』等に出演。

綿貫俊 野村修一

警視庁 捜査一課 巡査部長。

出世意識が高く、新しく配属された西野(白洲迅)にライバル意識を持つ。

ドラマ『アンナチュラル』映画『アウトレイジ最終章』などに出演。

林田シオリ 椎名香奈江

警視庁 総務課。

誰にでも優しく署内のアイドル的存在。

グラビアアイドル・女優 女性アイドルグループasfi(アスフィ)の元メンバー。

ドラマ『命売ります』『逃亡花』『極道めし』などに出演。

第1話ゲストはこの3人!

崎田博史 佐伯大地

今回の被疑者。

住所不定無職の若者で普段はネットカフェで生活している『ネットカフェ難民』。

身代金目的で女の子を誘拐した容疑で逮捕された。

女の子の行方は未だに分かっておらず、本人は容疑を否認している。

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』『崖っぷちホテル!』などに出演。

三原千種 安藤輪子

誘拐犯。リストラされた社員。

ドラマ『ヒガンバナ 女たちの犯罪ファイル』、映画『リバース・エッジ』などに出演。

男 三村和敬

ネットカフェ難民。

元子役の俳優。

ドラマ『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』『おんな城主 直虎』 『ワンダーウォール~京都発地域ドラマ~』などに出演。

第1話「YESか脳か」あらすじ

女児誘拐事件の発生から数日経過、被疑者の崎田博史(佐伯大地)は黙秘を続けていた。
取調室ではベテラン刑事・筒井道大(宇梶剛士)が崎田を自供させようとし、掴みかかりそうな勢いで取調べを進めていた。その横で記録係の西野圭介(白洲迅)はビクビクしながら、記録をしていた。
そんな最中、場にそぐわない華やかな美女が取調室に突如現れた。突然の部外者の登場に西野は混乱。
しかし彼女が「取り調べを担当します楯岡絵麻です。よろしくね」と、微笑みかけ自己紹介したのだ。およそ取調官には見えない美しさに目を奪われる崎田。この美女が、被疑者を100%自供に追い込む行動心理捜査官・楯岡絵麻(栗山千明)だった。
絵麻の崎田に対する取り調べが始まったとはいうものの、
「彼氏いる?」などと、場所も忘れ軽口をたたいている崎田。そしてその崎田とイチャイチャしながらやり取りを延々と続けている絵麻。隅の記録席では、「まるでキャバクラの客とホステスじゃないか」とそんな会話を一字一句PCに打ち込んでいく記録係の西野。
一方、女児誘拐事件と同時期に都内でバラバラ死体が発見されていた。各所に死体の一部が捨てられており、殺人事件であることは明らか。捜査一課は多くの捜査員がバラバラ殺人事件の方に人員を割かれ、人手不足なのだった。
しかし、そんなひっ迫した状況にも関わらず、取調室では相変わらずどうでもいい会話を続けている絵麻。しかし、よくよく絵麻を見ると、崎田を注意深く観察しているようにも見えるのだが・・・。
そうこうしているうちに楯岡のキャバクラトークは徐々に事件の話題へと変わっていく。やはり絵麻は、ただ単に与太話に付き合っていたわけではなかった。彼女は話しながら崎田が無意識にとる「表情・仕草のサンプル」を集めていたのだ。崎田の無意識下の行動サンプルの収集は十分…そう判断した楯岡は突如、これまでの態度を一変させ攻撃にでる。

 引用:土曜ドラマ9「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」:BSテレ東

いよいよスタートですね。

楯岡絵麻(栗山千明)がただ単に話に付き合っていたわけでわなく、崎田(佐伯大地)が無意識にとる「表情・仕草のサンプル」を集めていたという展開カッコいいですね。

楯岡絵麻は心理学を使って犯人を追い詰めるので、毎回毎回心理学を新たに知れるのはうれしいです。

最後に…

最後まで読んでいただきありがとうございました。

被疑者との心理戦早く見たいですね。

まとめると

  • レギュラーキャストは栗山千明・白洲迅・宇梶剛士・野村修一・椎名香奈江
  • 第1話のゲストは佐伯大地・安藤輪子・三村和敬の3人
  • 黙秘を続ける女児誘拐事件の被疑者・崎田博史(佐伯大地)と、100%自供に追い込む行動心理捜査官楯岡絵麻・栗山千明の心理戦

ということでした。

⇒【サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻】関連記事一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする