【GIVER 復讐の贈与者】最終回(第12話)あらすじ・登場人物・キャスト・ゲストまとめ

吉沢亮主演ドラマ【GIVER 復讐の贈与者】最終回(第12話)”テイカー”が9月28日金曜日深夜に放送されます。

最後の復讐劇の結末はどうなるのか、楽しみですね。

今回は最終回(第12話)の登場人物(キャスト)・ゲスト・あらすじをまとめてみました。

第12話登場人物(キャスト) ゲストは誰?役柄まとめ

3話続けて、ゲストはこの2人!

血ノ池ぴち/星美里 一ノ瀬みか(神宿)

View this post on Instagram

一ノ瀬みか@神宿さん(@mika__kmyd)がシェアした投稿

残酷なパフォーマンスをしていた地下アイドル。

ライブ中に感電死したと思われていたが、生きていて感電したというのは嘘。

川原秀斗(一ノ瀬ワタル)の紹介で、バンクの一員になった。

2014年に結成された原宿発の5人組アイドルユニット神宿のメンバー。          神宿では最年少でセンターを務める。

個人で講談社「ミスiD2016」のファイナリストを受賞。                 映画『君がいて完成するパズル』では神宿そろって主演。

 川原秀斗 一ノ瀬ワタル

View this post on Instagram

一ノ瀬ワタルさん(@wataru_ichinose)がシェアした投稿

血ノ池ぴち(一ノ瀬みか)の幼なじみ。

ぴちの残酷なパフォーマンスをネットで批判した全員への復讐を”サポーター”に依頼する。

実はバンクの一員で、義波を誘い出すため、”サポーター”に嘘の復讐依頼をした。

安田を殺した。

元プロ格闘家(キックボクサー)の俳優。

ドラマ『アンナチュラル』では逃げ遅れた人達を必死に助ける印象深い男の役を演じる。  映画『クローズZERO Ⅱ』『新宿スワン』『銀魂2 掟は破るためにこそある』等に出演。

”バンク”のメンバー

伊庭果菜子/尾崎春香 夏菜

志尾の奴隷で、顔などを変えて、義波の姉”おざきはるか”と瓜二つになった女。

義波を”とうや”と呼ぶ。

2012年NHK連続テレビ小説『純と愛』でヒロインに選出され、連続ドラマ初主演を果たす。

そして先日公開されたばかりの映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』にも出演し、    同じく出演している吉沢亮とも共演しています。

志尾 田山涼成

悪の会社”バンク”のトップ。

奴隷の伊庭春里菜子を義波の本当の姉”おざきはるか”と瓜二つにする。

部下に安田と朝美と和樹を殺させる。

テイカーを監禁し、脅された町田も義波と格闘し死亡。

義波に、義波の両親を殺したのは義波の姉・おざきはるかではなく義波自身だと告げ、義波を精神崩壊させる。

復讐代行業者”サポーター”のメンバー

義波ぎば 吉沢亮

森川葵さん(@aoi_morikawa0617)がシェアした投稿

生まれつき人間としての感情が欠落している。

決め台詞は”復讐執行”

本当の姉”おざきはるか”は死んでいる。

10歳の時両親は強盗に殺害され、姉が唯一の味方だった。

志尾によって両親を殺したのは自分だと告げられ精神崩壊

今回志尾から、テイカ―と伊庭の命を懸けた最後のゲームが告げられる。

2018年8月現在で『悪と仮面のルール』『リバース・エッジ』『レオン』        『ママレード・ボーイ』『猫は抱くもの』『BLEACH』すでに6本の映画に出演。

これ以降も映画『銀魂2 掟は破るためにそこにある』『あのコの、トリコ。』に出演予定。

ドラマ『サバイバル・ウェディング』にも出演し、                  2019年には朝ドラ『なつぞら』への出演も決定している超売れっ子俳優です。

テイカー 森川葵

復讐代行組織『サポーター』を創設した謎の美少女。

癖のあるサポーターのメンバーを束ねる。

義波の姉”おざきはるか”の代わりとして義波を支えてきた。

志尾らによって廃工場に監禁される。

2018年11月から上演される舞台『ロミオとジュリエット』で              初舞台でありながら、主演のジュリエット役を演じることが決まっています。

作品ごとに異なる役を自在に演じ分けることから、「カメレオン女優」と評されています。

死亡した、おそらくもう登場しないメンバー

町田まちだ 水橋研二

テイカーの兄。

復讐実行の際は主に実務面や調査を担当。

前回、義波と格闘し刺され死亡した。

久本雅美と板野友美のW主演で、youtuberのカリスマブラザーズも出演すると話題の   2018年7月28日公開映画『イマジネーションゲーム』にも出演します。

安田あんだ ぼくもとさきこ

復讐実行の際に変装や仲間を手伝い、普段はテイカ―の身の回りの世話をする。

筋弛緩剤を作るなど薬物の知識がある。

第10話で、志尾の部下の川原によって殺される。

劇団ペンギンプルペイルパイルズの劇団員。

ここ1,2年では、『脳にスマホが埋められた!』『警視庁いきもの係』『父、ノブナガ』『陸王』『99.9-刑事専門弁護士-』『宮本から君へ』に出演しました。

野上朝美のがみあさみ 小野ゆりこ

テイカーのテストに合格し、和樹とともにサポーターに加わる。

和樹とともに”サポーター”を裏切り”バンク”のほうに付く。

志尾の命令で和樹とともに、義波を義波の実家に連れていき、その後志尾の部下に襲われ返り討ちにはしたが、血だらけで息も絶え絶えになる。

その後町田の手によって、和樹の膝に頭をかけている状態で優しく亡くなる。

2012年に俳優の大森南朋との結婚を発表。

2013年にドラマ『最高の離婚』でテレビドラマ初出演。               2014年にドラマ『天誅~闇の仕置き人~』でテレビドラマ初主演を果たしました。

小野田和樹おのだかずき 渡部秀

殺人の過去をもち野上朝美に思いを寄せる男。

朝美とともに”サポーター”を裏切り、拳銃で義波を脅して実家に連れていく。

義波に拳銃を奪われ、足を撃ち抜かれる。

義波と別れた後、志尾に裏切られ、志尾の部下に殺されそうになり返り討ちにする。

血だらけで息も絶え絶えなところに来た町田に謝罪した後、町田の手によって、朝美とともに息を引き取る。

ドラマ『科捜研の女』では橋口呂太役として2017年から出演。            2018年に入ってからドラマ『ラブリラン』『正義のセ』に出演しています。

第12話あらすじ

義波(吉沢亮)はテイカー(森川葵)が監禁されている廃工場へ向かう。するとどこからか志尾(田山涼成)の声が。そして志尾は義波の両親を殺したのは義波自身だという事実を告げる。姉は義波の罪を引き受け死んだのだと…。見つけ出した志尾から、テイカ―と姉と瓜ふたつの果菜子(夏菜)の命を懸けた最後のゲームが告げられる。両親の死の真相と仲間の死、全ての元凶が自分と知り壊れる義波…究極の選択と最後の復讐劇の結末とは!

引用:ドラマ24「GIVER 復讐の贈与者」:テレビ東京

前回、志尾は義波に、両親を殺したの義波自身だと告げましたが、それによって義波が壊れてしまうみたいです。

たしか志尾は義波を洗脳するために精神崩壊させるみたいなことを言っていたので、義波が両親を殺したのは嘘か本当かわかりませんね。

ただ、予告の中で少年の義波が全身血だらけでナイフを握っていて、それを誰か(おそらく姉)がナイフを取り上げようとしている感じのシーンがあるので、両親を殺したのは義波の可能性が高いですね。

テイカーが捕らえられている廃工場に到着した義波に、志尾はテイカ―と伊庭の命を懸けた最後のゲームが告げるとあるので、義波が2人のどっちを選ぶのか注目ですね。

予告の最後のシーンで伊庭が発砲するシーンがあるので、誰が撃たれてしまうのか。

最終的に義波とテイカーには生き残ってほしい。

最後に…

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回で終わりですね。寂しいです。

第12話をまとめると

  • ゲストは前回前々回に引き続き、一ノ瀬みか・一ノ瀬ワタルの2人。
  • 志尾は義波に両親を殺したのは義波自身だという事実を告げ、義波は精神崩壊。
  • テイカーが監禁されている廃工場に来た義波は、志尾からテイカ―と伊庭の命を懸けた最後のゲームが告げられる。

ということでした。

⇒GIVER 復讐の贈与者記事一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする